首页 讲好中国故事 传统文化 中国の公定祝祭日

中国の公定祝祭日

来源:チャイナネット 作者: 时间:2023-11-08 阅读:531
中国の公定祝祭日は次の通りである。新年(1月1日)、全国的に1日の休日となっている。春節(旧暦の正月)、全国的に3日間の休日となっている。国際勤労婦人デー(3月8日)。植樹の日(3月12日)。メーデー(5月1日)、全国的に3日間の休日となっている。中国青年デー(5月4日)。国際児童デー(6月1日)。中国人民解放軍建軍記念日(8月1日)。教師の日(9月10日)。国慶節(建国記念日、10月1日)は全国的に3日間の休日となっている。

重要な伝統的祝祭日として春節、元宵節、清明節、端午の節句、中秋節などがある。そのほか、各少数民族にもそれぞれの伝統的な祝祭日がある。たとえばダイ族の水かけ祭、蒙古族のナダム祭、イー族のタイマツ祭、ヤオ族のダーヌ祭、ペー族の三月街、チワン族の「歌垣」、チベット族のチベット暦新年とワンコー祭、ミャオ族の跳花祭りなどがよく知られている。

春節 春節は中国の人々の1年で最初の伝統的祝祭日である。以前、春節は「新年」と呼ばれ、中国が使っていた旧暦によって、その日は1月1日にあたり、新年の最初の日である。1911年の辛亥革命以後、中国は西暦を使うようになり、旧暦の新年を「春節」 (たいてい西暦1月下旬から2月中旬の間にある) と改称することになった。春節の時は、どの家庭も春聯という対の句を貼って飾ったり、年画を貼ったり、家中を飾りつけたりする。春節の前夜は「大みそか」といわれ、一家だんらんの大切な時で、一家の人たちがすべて集まって年越しのごちそう「年夜飯」に舌つづみを打つ。一晩中一睡もせず新年を迎える人も多く、これを「守歳」と呼ぶ。翌日はみな早朝から親戚、友人の家へ年始まいりにでかけ、互いに挨拶を交わし、新しい年のご多幸を祈りあう。春節の期間においては、獅子舞い、竜の舞い、船踊り、竹馬踊りなどの伝統的な文芸娯楽活動が最も普遍的なものである。

元宵節 旧暦の1月15日は元宵節で、[灯節(ちょうちん祭り)]とも呼ばれ、春節後の最初の満月の日にあたる。元宵節には元宵を食べ、ちょうちんを観賞する習慣がある。元宵はもち米の粉で皮をつくり、果実入りのあんをくるんで、丸い形にし、これは「だんらん」のシンボルである。元宵節のちょうちん見物は西暦1世紀に始まり、現代に伝わって今なお各地で盛んに行われている。元宵節の夜になると、多くの都市ではちょうちん祭りを催し、さまざまな美しく飾りつけたちょうちんを展示し、目新しい造形で、豊富多彩である。農村では、たとえば花火を打ち上げ、竹馬踊り、竜の舞い、ヤンコ踊りを踊り、ぶらんこをこぐなど文芸娯楽活動が行われる。

清明節 毎年の4月5日前後は清明節である。清明節はもともとは祖先を祭る祭日であった。現在ではより多く人たちはこの日に国のために命をささげた人たちの墓にお墓参りし、哀悼の意を表している。清明の頃になると、気候も暖かくなり、草が芽生え木が芽吹き始め、人びとは仲間をかたらいあって郊外にでかけ、緑の若草を踏んで凧揚げをし、うららなる春の景色を楽しむ。清明節を「踏青節」と呼ぶゆえんはここにある。

端午の節句 旧暦の5月5日は端午の節句である。一般には中国古代の国を愛した詩人屈原を偲ぶ日といわれている。屈原(約紀元前340―紀元前278年)は戦国時代の楚の国の人である。屈原は自分の政治的理想が実現できず、楚の滅亡を救う力もなく、楚が秦に滅ばされたと聞いて、5月5日、石を抱えて汨羅河に身投げした。河辺一帯に住んでいた人びとはこのことを知ると、次から次へと舟を漕いで屈原の遺体を引き上げることに努めた。その後、毎年その命日になると、人びとは竜舟を浮かべ、屈原を偲び、また、竹筒にご飯を入れて川に流して屈原を祀ったという。今でも、民間では端午の節句にはチマキ(竹の葉あるいはアシの葉でもち米をくるんでつくる)を食べ、竜舟競漕を行う習俗がある。

中秋節 旧暦の8月15日は中秋節である。8月15日は秋の季節のちょうど真中にあるので、「中秋」ともいわれている。中国の古代においては、中秋節になると人びとは念入りに作った月餅で月の神を祀り、そのあと、これを皆で分けて食べ、一家団らんを楽しむ。このような風習は今日までずっと伝わっている。
上一篇:国宝は語るⅢ
下一篇:漢詩
  • QQ
  • 公众号
  • 回顶部