首页 讲好中国故事 传统文化 故事成語

故事成語

来源:Web漢文大系 作者: 时间:2023-11-05 阅读:521

有名な故事成語

矛盾 鶏鳴狗盗
四面楚歌 臥薪嘗胆
嬰逆鱗 漱石枕流
漁父の利 朝三暮四
知音 断腸
杞憂 塞翁が馬
虎の威を借る狐 鶏口牛後
蛇足 五十歩百歩
画竜点睛 先ず隗より始めよ
死せる孔明生ける仲達を走らす 推敲
苛政は虎よりも猛し 守株
管鮑の交わり 刎頸の交わり
蟷螂の斧 晏子の御
糟糠の妻 鼓腹撃壌
孟母断機 梁上の君子
病膏肓に入る 呉越同舟
完璧(史記) 完璧(十八史略)
背水の陣(史記) 背水の陣(十八史略)

青は藍より出でて藍より青し
秋高く馬肥ゆ
悪事千里を走る
朝に道を聞かば夕に死すとも可なり
中らずと雖も遠からず
能わざるに非ず、為さざるなり
羹に懲りて膾を吹く
危うきこと累卵のごとし
過ちて改めざる、是を過ちという
過ちては改むるに憚ること勿かれ
晏子の御
石に漱ぎ流れに枕す⇒漱石枕流
石に立つ矢
衣食足りて栄辱を知る
石を抱きて淵に入る
以心伝心
一衣帯水
一期一会
一字千金
一字褒貶⇒春秋の筆法
一日三秋⇒一日千秋
一日千秋
一日の長
一網打尽
市に虎あり
一人虚を伝うれば万人実を伝う⇒一犬虚に吠ゆれば万犬実を伝う
一年の計は、穀を樹うるに如くは莫し
一葉落ちて天下の秋を知る
一陽来復
一を聞いて十を知る
一簣の功
一挙手一投足
一犬形に吠ゆれば百犬声に吠ゆ⇒一犬虚に吠ゆれば万犬実を伝う
一犬虚に吠ゆれば万犬実を伝う
一死一生、乃ち交情を知る
一将功成りて万骨枯る
一箪の食、一瓢の飲
一朝一夕
一丁字を識らず
一敗地に塗る
一斑を見て全豹を卜す
一顰一笑
一夫関に当たれば万夫も開くなし
一以て之を貫く
佚を以て労を待つ
井の中の蛙、大海を知らず⇒井蛙には以て海を語るべからず
寿ければ辱多し
命は鴻毛よりも軽し⇒死は或いは泰山より重く、或いは鴻毛より軽し
韋編三絶
移木の信
曰く言い難し
殷鑑遠からず
陰徳あれば必ず陽報あり
魚を得て筌を忘る
羽化登仙
烏合の衆
中に誠あれば、外に形わる
迂直の計
生まれながらにして貴き者無し
烏有
怨み骨髄に入る⇒怨み骨髄に徹す
怨み骨髄に徹す
穎脱
鴛鴦の契り
燕雀安んぞ鴻鵠の志を知らんや
遠水は近火を救わず
遠慮なければ近憂あり
老いたる馬は路を忘れず⇒老馬の智
王侯将相寧んぞ種有らんや
応接に暇あらず
屋下に屋を架す
己の欲せざる所は人に施すこと勿かれ
思い内に在れば、色外に形る⇒中に誠あれば、外に形わる
思い半ばに過ぐ
終わりを慎むこと始めの如くすれば、則ち事を敗ること無し
尾を塗中に曳く
温故知新
女は己を説ぶ者の為に容づくる
骸骨を乞う
鎧袖一触
隗より始めよ⇒先ず隗より始めよ
怪力乱神
偕老同穴
牆に耳あり
蝸牛角上の争い
格物致知
臥薪嘗胆
佳人薄命
合従連衡
刮目して相待つ
苛政は虎よりも猛し
河清を俟つ⇒百年河清を俟つ
瓜田に履を納れず
鼎の軽重を問う
寡は衆に敵せず⇒衆寡敵せず
禍福は糾える縄のごとし
株を守って兎を待つ⇒守株
株を守る⇒守株
画餅
貨悖りて入る者は、亦た悖りて出ず
下問を恥じず
画竜点睛
彼を知り己を知れば百戦殆からず
夏炉冬扇
鰥寡孤独
汗牛充棟
換骨奪胎
邯鄲の歩み
完璧(史記)
完璧(十八史略)
管鮑の交わり
管を以て天を窺う
既往は咎めず
奇貨居くべし
危急存亡の秋
騎虎の勢い
疑心暗鬼を生ず
機に臨み変に応ず⇒臨機応変
木に縁りて魚を求む
驥尾に付す
杞憂
九牛の一毛
牛首を懸けて馬肉を売る
牛耳を執る
九仞の功を一簣に虧く
窮すれば通ず
牛刀もて鶏を割く⇒鶏を割くに焉んぞ牛刀を用いん
曲学阿世
曲突徙薪
玉石混淆
居は必ず郷を択ぶ
居は気を移す
漁父の利
漁夫の利⇒漁父の利
槿花一日の栄
株を守る⇒守株
愚公山を移す
君子の交わりは淡きこと水のごとし
君子は豹変す
君子は独りを慎む⇒慎独
鶏群の一鶴
鶏口牛後
鶏口となるも牛後となるなかれ⇒鶏口牛後
経国の大業⇒文章は経国の大業、不朽の盛事なり
蛍雪の功
鶏鳴狗盗
逆鱗にふる
拳拳服膺
乾坤一擲
阮籍青眼
捲土重来
賢にして財多ければ、則ち其の志を損ない……
犬馬の心
犬馬の養い
犬馬の労
言悖りて出づる者は、亦た悖りて入る
黔驢の技
剣を落として舟を刻む
肯綮に中る
巧詐は拙誠に如かず
恒産なき者は恒心なし
口耳の学
好事は門を出でず、悪事は千里を行く⇒悪事千里を走る
後生畏るべし
浩然の気
功遂げ身退くは天の道なり
狡兎死して走狗烹らる
亢竜悔い有り
呉越同舟
国士無双
心ここに在らざれば、視れども見えず
志ある者は事竟に成る
五十にして四十九年の非を知る
五十歩百歩
虎視眈眈
涸沢の蛇
琴柱に膠す
鼓腹撃壌
五里霧中
塞翁が馬
先んずれば人を制す
左袒
山雨来らんと欲して風楼に満つ
三顧の礼
三三五五
三舎を避ける
三秋の思い⇒一日千秋
三上
三遷の教え⇒孟母三遷
三人市虎を成す⇒市に虎あり
三人虎を成す⇒市に虎あり
三年飛ばず鳴かず
鹿を逐う
鹿を逐う者は山を見ず
市虎⇒市に虎あり
私淑
至誠にして動かざる者は、未だ之れ有らざるなり
死せる孔明生ける仲達を走らす
死せる諸葛生ける仲達を走らす⇒死せる孔明生ける仲達を走らす
七縦七擒
死は或いは泰山より重く、或いは鴻毛より軽し
士は己を知る者の為に死す
十指の指す所
四面楚歌
駟も舌に及ばず
弱冠
衆寡敵せず
衆口金を鑠かす
修身斉家治国平天下
聚斂の臣有らんよりは、寧ろ盗臣有れ
守株
酒池肉林
春秋に富む
春秋の筆法
常山の蛇勢
小人閑居して不善を為す
少成は天性のごとし
食言
食指動く
書冊秋に読むべく、詩句秋に捜すべし
助長
書を読めば万倍の利あり
士別れて三日なれば、即ち当に刮目して相待つべし⇒刮目して相待つ
信賞必罰
人生意気に感ず
身体髪膚これを父母に受く
慎独
深謀遠慮
刃を迎えて解く
推敲
過ぎたるは猶お及ばざるがごとし
杜撰
井蛙には以て海を語るべからず
性相近く習い相遠し
青雲の志
星火燎原⇒燎原の火
青眼⇒阮籍青眼
正鵠を射る
西施の顰みに倣う⇒顰みに倣う
聖人に夢無し
清水に魚棲まず⇒水清ければ魚棲まず
正正堂堂
清談
青天の霹靂
積善の家には必ず余慶あり
尺牘書疏は千里の面目
是是非非
折檻
川上の嘆⇒逝く者は斯くのごときかな……
善書は紙筆を択ばず
善事を忘れざるは、後事の師なり
先鞭を著ける
千万人と雖も吾往かん
千里の馬は常に有れども、伯楽は常には有らず
千慮の一失
喪家の狗
滄海変じて桑田となる⇒桑田変じて滄海となる
創業は易く守成は難し
糟糠の妻
宋襄の仁
漱石枕流
桑田変じて滄海となる
霜葉は二月の花よりも紅なり
倉廩実ちて礼節を知る
惻隠
其の独りを慎む⇒慎独
存亡禍福は皆己に在り
大義親を滅す
大器晩成
太公望
泰山鴻毛⇒死は或いは泰山より重く、或いは鴻毛より軽し
泰山北斗⇒泰斗
泰斗
多岐亡羊
他山の石
多士済済
蛇足
多多益々弁ず
脱兎の勢い⇒始めは処女の如く、後は脱兎の如し
断機の戒め⇒孟母断機
男女七歳にして席を同じゅうせず
男女室に居るは、人の大倫なり
胆大心小
断腸
短兵急
知音
知行合一
智者も千慮に必ず一失有り⇒千慮の一失
致知格物⇒格物致知
中原に鹿を逐う⇒鹿を逐う
朝三暮四
長幼序有り
月満つれば則ち虧く
手の舞い足の踏む所を知らず
天知る、地知る、我知る、子知る
天道是か非か
天は長く地は久し
頭角を現す
灯火親しむべし
桃源郷
同日の論にあらず
同声異俗
道聴塗説
堂堂の陣⇒正正堂堂
同病相憐れむ
桃李もの言わざれど下自ずから蹊を成す
登竜門
蟷螂の斧
読書尚友
徳は孤ならず、必ず隣あり
図南
怒髪、天を衝く
富は屋を潤し、徳は身を潤す
虎の威を借る狐
虎を養いて患いを遺す⇒養虎の患い
鈍学功を累ぬ
泣いて馬謖を斬る
名は実の賓
習い性と成る
南船北馬
錦を衣て郷に還る
錦を衣て夜行くがごとし
鶏を割くに焉んぞ牛刀を用いん
人間万事塞翁が馬⇒塞翁が馬
燃眉の急
能事畢る
嚢中の錐
述べて作らず
敗軍の将は兵を語らず
背水の陣(史記)
背水の陣(十八史略)
杯中の蛇影
白眼⇒阮籍青眼
莫逆の友
麦秀の嘆
白眉
伯楽は常には有らず
始めは処女の如く、後は脱兎の如し
恥ずること無きを之れ恥ずれば、恥無し
破竹の勢い
破天荒
花は半開を看、酒は微酔に飲む
跛鼈も千里
万里同風
万緑叢中紅一点
光を和らげ塵に同ず⇒和光同塵
日暮れて途遠し
美言は信ならず
尾生の信
顰みに倣う
筆耕
匹夫の勇
匹夫も志を奪うべからず
人遠き慮り無ければ、必ず近き憂え有り⇒遠慮なければ近憂あり
人の患いは好んで人の師となるにあり
人一たびしてこれを能くすれば、己これを百たびす
独りを慎む⇒慎独
髀肉の嘆
日日に新たなり
百年河清を俟つ
百里を行く者は九十を半ばとす
比翼連理
飄風は朝を終えず、驟雨は日を終えず
牝鶏晨す
風馬牛
風林火山
不倶戴天
武断
舟に刻みて剣を求む⇒剣を落として舟を刻む
武陵桃源⇒桃源郷
刎頸の交わり
文事ある者は必ず武備あり
文質彬彬
文章は経国の大業、不朽の盛事なり
糞土の牆は杇るべからず
兵に常勢無し
兵は詭道なり
兵は拙速を尊ぶ
璧を完うして趙に帰る⇒完璧(史記)
璧を完うして帰る⇒完璧(十八史略)
亡国の音
暴虎馮河
法三章
亡羊の嘆⇒多岐亡羊
墨守
木鐸
臍を噬む
先ず隗より始めよ
満を持す
自ら見す者は明らかならず
水清ければ魚棲まず
水は方円の器に随う
矛盾
明鏡止水
明主は一顰一笑を愛しむ⇒一顰一笑
明窓浄机
明哲保身
明眸皓歯
目に一丁字なし⇒一丁字を識らず
面従後言
面友
孟母三遷
孟母断機
木鶏
目耕
沐猴にして冠す
本立ちて道生ず
門外雀羅を設くべし⇒門前雀羅を張る
門前市を成す
門前雀羅を張る
安きこと泰山の如し
野に遺賢無し
病膏肓に入る
山高く水長し
夜郎自大
牖中に日を窺う
勇猛果敢
行くに径に由らず
逝く者は斯くのごときかな……
用行舎蔵
養虎の患い
羊頭狗肉⇒羊頭を掲げて狗肉を売る
羊頭を掲げて狗肉を売る
善く游ぐ者は溺れ、善く騎る者は堕つ
余桃の罪
世と推移す

  • QQ
  • 公众号
  • 回顶部