中日関係が低迷する中で続く両国高校生の交流中日関係が低迷する中で続く両国高校生の交流 日语学习港-日语精品课程|日语考试|中国文学|日本文学|中国书画|日本书画 - 日语港

内容导航

推荐文章
中日関係が低迷する中で続く両国高校生の交流
来源: 发表时间:2010-10-31 浏览:2788

 

  釣魚島(日本名:尖閣諸島)での衝突事件によって中日関係は低迷しているが、両国関係の未来を担う青少年の交流は今まで通り順調に行われている。2010年第5陣の中国高校生代表団は26日に北京を出発し、9日間の訪日を始めている。中国網日本語版(チャイナネット)が報じた。

  今回の代表団は中国各地から選ばれた300人の高校生で、日本の各地の高校で授業や部活動に参加し、ホームステイや交流プログラムなどを通じて、日本の高校生や一般市民と交流を深めることにしている。また文化施設なども見学する。

  在中国日本国大使館の山田重夫公使は、北京で25日に開催された歓送会で、「日本と中国は一衣帯水の隣国で、2000年の交流の歴史があると言われます。それだけ関係の深い中国と日本ですが、まだまだ日本の人の中国に対する理解や、中国の人の日本に対する理解は十分ではありません。日中関係の未来を担うのはみなさんの世代です」と挨拶した。

  そして「今回の訪日では、学校訪問やホームステイなどを通じ、みなさんと同世代の日本の高校生と寝食をともにしながら交流する機会が沢山あります。帰国後もメールをやり取りするような、そんな本当の友達を作って帰ってきてほしいと思います」と、高校生たちを励ました。

  山田公使によると、19日から25日にかけて日本の高校生500人が中国を訪問し、ほとんどの高校生が初めて訪中だったが、北京や地方都市で中国の人たちと交流し、今の中国に対する理解を深めたという。

  中日両政府は2008年から、4年間で毎年4000人規模の青少年相互訪問と交流を実施することで合意している。(編集担当:米原裕子)