文末で助動詞の働きをするもの 文末で助動詞の働きをするもの 日语学习港-日语精品课程|日语考试|中国文学|日本文学|中国书画|日本书画 - 日语港

内容导航

推荐文章
文末で助動詞の働きをするもの
作者: 发表时间:2012-03-10 浏览:3402

________________________________________

1、意志・希望・決意
________________________________________
・「~つもりだ」意志のグループ
 
※~(よ)う思う
             * もうすぐ出かけようと思う。
 ※~(よ)うとする
             * 出かけようとしたら、電話がかかってきた。
  ~まいと思う
             * あんな奴とは、二度と口をきくまいと思う。
  ~まいとする
             * 涙を見られまいとして、顔を背けた。
・「~たい」希望のグループ
 
※~たいものだ
             * 是非一度、お会いしたいものだ。
 ※~といいなあ
             * お正月が早く来るいいなあ。
 ※~たらいいなあ
             * お正月が早く来たらいいなあ。
 ※~ないかなあ
             * お正月が早く来ないかなあ。
・「必ず~する」決意のグループ
 
※~てみせる
             * 必ず成功してみせる。
  ~ずに(~ないで)はおかない
             * いつの日か、彼を倒さずにはおかない。

2、義務・必要
________________________________________
・「~なければならない」のグループ
 
※~なくてはならない
             * 用事があって、帰らなければならない。
 ※~べきだ
             * 国は国民の老後の生活を保障すべきだ。
  ~ねばならない(~ねばならぬ)  
 
             *  行かねばならぬ、止めないでくれ。
・「~なければいけない」のグループ
 ※~なくてはいけない
             * これは君の責任で処理しなくてはいけない。
  ~なければ(~なくては)駄目だ
             * もっと勉強しなくては駄目よ。

3、禁止・不必要
________________________________________
・「~する必要はない」(不必要)のグループ
 
※~なくてもいい
             * そんなに急がなくてもいいよ。
 ※~ことはない
             * そんなに怒ることはないじゃないか。
  ~までもない
             * 人が一人では生きられないのは言うまでもない。
  ~には及ばない
             * 君がやるには及ばない。
  ~なくとも(~ずとも)いい
             * やりたくなければやらずともいい。
・「~してはいけない」(禁止)のグループ
 
※~てはならない
             * どんことがあっても、驚いてはならないよ。
 ※~べきではない
             * 目上の人に「あなた」は使うべきではない。
 ※~ものではない
             * 知らないのに、知ったふりをするものではない。
  ~べからず(→べからざるN) 
             * 芝生に立ち入るべからず。
  ~まじ(→~あるまじきN)  
             * ああ、許すまじ、原爆を。

4、依頼・提案・勧告
________________________________________
・「~てください」(依頼)のグループ
 
※~ていただけませんか
             * 先生、この問題を教えていただけませんか。
 ※~てくださいませんか
             * たばこは遠慮してくださいませんか。
 ※~て/~てくれ
             * みんな集まって。/みんな集まってくれ。
 ※~(さ)せてください
             * 是非、私にやらせてください。
  お~願います。
             * みなさん、お急ぎ願います。
  ~て頂戴
             * 静かにして頂戴。
  ~たまえ
             * 座りたまえ。
・提案のグループ

※~たらどう(~いかが)ですか
             * 先生に相談したらどうですか。
 ※~(よ)うじゃないか
             * おい、みんなで彼に協力しようじゃないか。
・勧告のグループ
 
※~方がましだ
             * 貯金はないよりはあった方がましだ。
 ※~ばいい/~といい
             * 嫌なら嫌だと言えばいい。
 ※~ことだ
             * わからなければ、自分で辞書をひくことだ。
  ~に越したことはない
             * 借金しないに越したことはない。
  ~がいい
             * 好きなようにやるがいい。

5、許可・許容
________________________________________
 ※~ても(~たって)いい
             * 思ったことを自由に言ったっていいんだよ。
  ~ても(~たって)かまわない
             * ここはタバコを吸ったってかまわない所です。
  ~ても(~たって)さしつかえない
             * あげたのだから、どう使ってもさしつかえない。
  ~ても(~たって)結構だ
             * わかってくれなくても結構です。
  ~なくとも(~なくても)よい
             * 君がしなくともよいことだ。

6、不可能
________________________________________
 ※~兼ねる
             * 僕の口からは、ちょっと言い兼ねることだ。
 ※~わけにはいかない
             * この件は君に話すわけにはいかないんだ。
 ※~(よ)うにも~できない
             * 疲れていて、起きようにも起きられなかった。
  (~する)に~できない    
             * みんな残業しているので、帰るに帰れない。

7、推量・実現可能性
________________________________________
・「~かもしれない」のグループ
 
※~兼ねない
             * 彼ならやり兼ねないことだ。
 ※~恐れがある
             * 明日は雨になる恐れがある。
 ※~ないとも限らない
             * 彼の口から、機密が漏れないとも限らない。
  ~かもわからない
             * 彼ならやれるかもわからない。
・「~可能性がとても高い」のグループ
 
※~得る
             * それはあり得ることだ。
 ※~はずだ/~ないはずだ
             * 君なら、やればきっとできるはずだ。
             * 彼はまだ知らないはずだ。
  ~に決まっている
             * 彼は反対するに決まっています。
・「~だろう」のグループ
 
※~のだろう
             * きっと寂しかったのでしょうね。
 ※~かしら/~かなあ
             * あそこを歩いているのは、山田さんじゃないかしら。
 ※~んじゃない(?/の?/か)    
             * 彼は事実を隠しているんじゃないの?
 ※~(よ)う
             * 約束したのだから、きっと彼は来よう。
 ※~まい
             * こんなに遅いし、もう彼は来まい。
  ~かろう
             * さぞ寒かろう。
  ~なかろう
             * そんなに高くなかろう。

・「~可能性は全くない」のグループ
 
※~得ない
             * いいや、そんなことは絶対あり得ない。
 ※~はずがない
             * こんな力仕事が子どもにできるはずがない。
             * 君が知らないはずがない。     
 ※~わけがない
             * 彼が賛成するわけがない。
             * その知らせを聞いたら、彼が喜ばないわけがない。
 ※~っこない
             * 誰にも知られっこない。
  ~(よ)うはずがない
             * 今から行っても、間に合おうはずがない。
・「~ようだ」のグループ
 
※~とみえる(→~とみえて)  
             * よほど生活に困っていると見える。
 ※~かのようだ
             * まるで夢を見ているかのようだ。
  見るからに~そうだ
             * 見るからにおいしそうなケーキだなあ。
  ~如し/~如き/~如く
             * 速きこと風の如し、動かざること山の如し。

8、確信・断定
________________________________________
 ※~に違いない
             * それは嘘に違いない。
 ※~に相違ない
             * 犯人はあの男に相違ない。
 ※~に他ならない
             * 天国・地獄とは空想の産物に他ならない。

9、婉曲・部分否定
________________________________________
 ※~わけではない
             * 納豆は食べられないわけではないんですが。
 ※~とは限らない
             * 何でもお金で解決できるとは限らない。
 ※~とは言えない
             * 素人だからと言って、実力がないとは言えないよ。
 ※~ないこともない
             * それが欲しくないこともないですが、・・・。
  ~ないものでもない
             * 修理できないものでもないんですが、・・・。

10、当然・必然・自然
________________________________________
・当然・必然の帰結
 
※~ことになる/~こととなる
         * こつこつ努力を続ける者が、結局、成功を収めることになる。
 ※~なければ(~なくては)ならない
             * 何をやるにしても、先ず健康でなくてはならない。
 ※~わけだ          
             * 彼女は帰国子女だったの?英語が上手なわけだね。
 ※~ものだ
             * 人の心は変わるものだ。
             * 借りた金は返すものだ。
 ※~ものではない
             * 言葉は簡単にマスターできるものではない。
            * 自分ができないことを、人にやれと言うものではない。
 ※~に決まっている
             * 星が出ているから、明日は晴れるに決まっている。
  ~に至る             
             * 両国は軍事衝突するに至った。
・状況に強制された結果・結論
 
※~よりほかしかたがない
             * こうなっては彼に頼むほか仕方がないね。
 ※~ざるを得ない
             * 誰もしないなら、僕がせざるを得ない。
  ~ずには(~ないでは)済まない
             * 壊した以上、弁償せずには済まないよ。
  ~を余儀なくされる
             * リストラで退職を余儀なくされた。
  ~を余儀なくさせた
             * 我が軍は、敵軍の撤退を余儀なくさせた。
・自然・自発の感情
 
※~られる
             * 昔のことが思い出される。
 ※~ずには(~ないでは)いられない
             * これが怒らずにいられましょうか。
 ※~てならない
           * もっと勉強しておくべきだったと、悔やまれてならない。
  ~ずには(~ないでは)おかない
             * 人を感動させずにはおかない映画だった。
  ~を禁じ得ない
             * 涙を禁じ得ない。
・不本意・予定外・予想外の結果
 
※~てしまった/~させてしまった
             * うっかり寝過ごしてしまった。
             * 花に水をやるのを忘れて、枯らせてしまった。
 ※~ばよかった
             * もっと勉強しておけばよかった。しかし、・・・
  ~つもりだった
             * 君を怒らせるつもりではなかった。しかし、・・・
  ~べきだった
             * もっと事前に現地の状況をよく調べておくべきだった。しかし、・・・
             * 君はあんなことを言うべきではなかったんだよ。しかし、・・・
  ~はずだった
             * 彼が行くはずだったが、急病になってね。悪いが君が行ってくれ。
             * こんなはずではなかった。まさか不合格とは!
 ※~どころではない
            * 目前に入試が迫っているのに、旅行どころではないよ。
  ~とは思ってもみなかった
             * この試験がこんなに難しいとは思っても見なかった。

11、限定
________________________________________
 ※~しかない
             * やって駄目なら、あきらめるしかない。
 ※(~より)ほかない      
             * 行政改革をするよりほか活路はない。
 ※~に過ぎない
             * 人間は大自然のほんの一部に過ぎない。
  ただ~のみだ(~だけだ) 
             * ただ前進あるのみだ。
  ~でなくてなんだろう
             * これこそ事実でなくてなんだろう。
  ~に他ならない
             * 君の意見は単なる理想論に他ならない。
  ~ばそれまでだ
             * わずかなミスでもあればそれまでだ。
  ~までだ/~までのことだ
             * 当然のことをしたまでです(~までのことです)。
  ~に限る
             * このビデオの貸し出しは18歳以上の方に限ります。
             * 夏は冷たいビールに限るよ。

12、伝聞・引用
________________________________________
 ※~そうだ
             * 新聞によると、また株が暴落するそうだ。
 ※~とのことだ
             * 劉君の就職先が決まったとのことだ。
 ※~ということだ
             * 近々内閣改造が行われるということだ。
  ~んだって
             * 彼、今度、マンションを買うんだって。

13、難 易
________________________________________
・「~するのが難しい」のグループ
 
※~にくい
             * 靴が小さくて歩くにくい。
 ※~がたい
             * その話、僕には信じがたいなあ。
  ~づらい
             * 足にまめができて、歩き辛い。
・「~するのが易しい」のグループ
 
※~やすい
             * 靴が軽くて歩きやすい。
  ~いい/~よい
             * このボールペン、とても書きいいよ。
  ~に難くない
             * 子を失った親の悲しみは、察するに難くない。

14、疑問提示・反語
________________________________________
 ※~ものか/~ものですか
             * お前なんかに俺の気持ちがわかるものか。
 ※~だろうか
             * 果たしてそんな話を信じていいものだろうか。
  ~(よ)うか          
             * どうして友を見殺しにできようか。
  ~かい/~のかい
             * それで参加したくないと言うわけかい?
  ~だい/~んだい
             * 君たち、いつ結婚式の予定だい?

15、傾向・様子
________________________________________
・傾向・度合い

※~っぽい
             * あの課長は怒りっぽくて困るよ。
 ※~一方だ
             * 薬を飲んだが、痛みは増す一方だった。
 ※~ばかりだ
             * これからは寒くなるばかりですね。
 ※~がちだ
             * 良くないことは重なりがちだ。
  ~嫌いがある
             * 彼は小さなことに拘り過ぎる嫌いがある。
・外見・印象・様子
 
※~らしい
             * 潔くて男らしい態度に敬服した。
 ※~気味(だ/の)       
             * 今日は風邪気味だから、早く帰らせてもらうよ。
 ※~げ(だ/な)      
             * 今日の部長、どこか悲しげだわ。
 ※~がる/~がっている
             * 彼はとてもあなたに会いたがっていましたよ。
  ~めく
             * だんだん春めいてきましたね。
  ~ぶる
             * 聖人君子ぶる奴は大嫌いだ。
  ~びる
             * 森の中に古びた洋館が建っていた。
・要素・成分
 
※~だらけ(だ/の)    
             * なんだ、この作文、間違いだらけじゃないか。
  ~まみれ(だ/の)    
             * 土まみれになって働く農夫の姿は美しい。
  ~ずくめ(だ/の)    
             * 今年は嫌なことずくめでした。

 

16、動作の進行段階・状態
________________________________________
・以前・寸前
 
※~するところだ
             * これから書くところだ。
 ※~するばかりになっている
             * ご飯は炊くばかりになっています。
 ※~(よ)うとする
             * 私が発言しようとしたら、司会から止められた。
 ※~(よ)うとしている  
             * 朝日が正に昇ろうとしていた。
 ※~するところだった
             * もう少しで車にはねられるところだった。
 ※~かけ(だ/のN)    
             * 書きかけの手紙が、机の上に置いてあった。
 ※~かける
             * 階段から落ちかけた。
  ~そうになった
             * ああ、危ない。階段から落ちそうになった。
  ~んばかりだ(≒そうだ) 
             * 今にも雨が降り出さんばかりだ。
・継続・途中
 
※~ているところだ
             * 今、書いているところだ。
 ※~最中だ
             * 今、食事の最中だ。
 ※~中だ
             * 今、食事中だ。
 ※~つつある
             * パソコンは日に日に普及しつつある。
 ※~かけだ/~かける
             * 言いかけて途中で話をやめるなよ。
・以後・直後
 
※~た‐ところだ
             * たった今、書いたところだ。
 ※~た‐ばかりだ
             * 今、ご飯が炊けたばかりです。


・完全・完遂
 
※~きる/~きれる
             * 持ち金を使いきる。/疲れ切った。
 ※~きれない
             * こんなにたくさんの単語は覚え切れません。
 ※~ぬく
             * 何があっても、お前だけは生き抜くんだ。
  ~とおす
             * 最後まで、知らぬ存ぜぬで押し通すんだぞ。
  ~尽くす
             * 貯金を全部を使い尽くした。
・その他アスペクト
 
※~てしまう
             * 邪魔者は殺してしまえ。
             * 水をやるのを忘れて、花を枯らせてしまった。
 ※~ておく
             * 明日のパーティがあるのでワインを買っておく。
             * やりたいようにやらせておけ。
 ※~てある
             * 明日のパーティがあるのでワインを買ってある。
 ※~ていく
             * 髪の毛が抜けていく/これから経験していく。
 ※~てくる
             * 髪の毛が生えてくる/これまで経験してきた。
 ※~ままだ
             * 事故復旧が遅れ、電柱も倒れたままだ。
 ※~きりだ
             * ああ、お腹が空いた。朝食べたきりなんですよ。
  ~出す              
             * 雷が鳴りだした。
  ~やむ              
             * 雷が鳴りやんた。

17、感嘆・感動
________________________________________
 ※~ものだ
             * 月日の経つのは早いもんだねえ。
 ※~ことか/~ことだろう
             * なんと立派に成長したことでしょう。
 ※(~には)~ものがある      
             * 大自然の生命力には計り知れないものがある。

18、程度・評価
________________________________________
・(程度が)非常に~だ
 
※~てしようがない
             * 寂しくてしょうがないとき、僕は日記を書く。
 ※~てしかたがない
             * 就職が決まったので、嬉しくて仕方がない。
 ※~てたまらない
             * こんな結果になって、残念でたまりません。
 ※~てならない
             * 最近、身体が疲れてならない。
 ※~きる
             * 彼のわがままには困りきったよ。
 ※~抜く
             * 彼女は子どものことで苦しみ抜いた。
  ~極まる
             * かつて王族は贅沢極まりない生活をしていた。
  ~極まりない
             * なんと汚い部屋だ。不潔極まりない。
  ~の極みだ
             * 念願の全国大会に出場が決まって、感激の極みだ。
  ~の至りだ
             * このような賞をいただき、光栄の至りです。
  ~といったらありゃしない
             * 彼の驚きようといったらなかった。
             * ばかばかしいったらありゃしない。
  ~てやまない
             * これが君が信じてやまない教祖の真の姿だ。
  ~限りだ
             * 別荘を持っているなんて、羨ましい限りだ
・価値・評価
 
※~だけ(のことは)ある
             * 見事な絵だ!さすが国宝だけのことはある。
  ~に足る
             * 読むに足るすばらしい小説ですよ。
  ~にたえる
             * その絵は鑑賞に堪える絶品でした。
  ~にはあたらない
             * そんなことで、子どもを叱るには当たらない。
  ~ほどのことではない
             * 君が心配するほどのことではないよ。
  ~に足りない
             * 読むに足りないつまらない小説でした。
  ~にたえない
             * こんな絵はとても鑑賞に堪えるものではない。
・数量
  
~という(~といった)ところだ
             * 高くても5万円と言ったところだろう。
  ~かそこらだ
             * 5万円かそこらで買える品だよ。
  ~からする
             * こんなわずかで5万円からするんですよ。
  ~からある
             * 5キログラムからある魚を釣り上げた。
  ~足らず(だ/の)      
             *  卒業まで、後、10日足らずだ。
  ~余り(だ/の)      
  
             * 卒業まで、後、10日余りだ。

19、理由や事情の説明
________________________________________
※(~のは)~からだ
             * 昨日休んだのは、急用があったからです。
 ※(~のは)~ためだ
             * 休校になったのは、インフルエンザのためだ。
 ※(~のは)~おかげだ/~せいだ
             * 合格できたのは先生のおかげです。
             * こうなったのは誰のせいでもない、君自身がが努力しなかったせいだ。
 ※(だって)~んだもの     
             * だって、学校の勉強なんてつまらないんだもの。
 ※(~という)ことになる    
 
             * それで、中止と言うことになりました。
 ※(~という)わけだ       
             * つまり、やりたくないと言うわけだね。
 ※(~という)次第だ
             * ・・・。以上述べたような次第です。
  (~という)始末だ        
             * 最後には泣き言まで言い出す始末だ。

 

20、経験・回想・習慣
________________________________________
 ※~たことがある        
             * 見たことも聞いたこともないよ。
 ※(~する)ことがある
             * 今も時々あの店に行くことがある。
 ※~た‐ものだ
             * 昔は君とよく釣りに出かけたもんだね。
  ~ことに(~ことと)なっている
             * 面接試験は、午後行われることになっている。
  ~ことにしている
             * 私は毎朝、6時に起きることにしている。

21、その他、補充
________________________________________
 ※~ようがない
             * 君って救いようのない馬鹿だねえ。
  ~あげる
             * かってない作品を作り上げた。
  ~あがる
             * かつてない作品が出来上がった。
  ~つける
             * 彼女は保母だったので、子どもを扱いつけている。
  ~こなす
             * 彼は一人で三人分の仕事をやりこなす。
  ~そこなう
             * さっきから書き損なってばかりいる。