内容导航

推荐文章
第7回中国人の日本語作文コンクール
来源:http://duan.jp/jp/2011.htm 发表时间:2011-04-05 浏览:6623

最優秀賞(日本大使賞)は日本に一週間招待

受賞作品は書籍として出版

応募資格:日本留学経験のない中国人学生

[テーマ]

頑張れ日本!

―千年不遇の大地震と戦う日本人へ

 

日本企業に伝えたい中国人消費者の本音

―中国で成功するために日系企業に必要なこと―

 

311日、日本は千年不遇の大地震に襲われました。日本の皆さんを応援するため、「がんばれ日本!―千年不遇の大地震と戦う日本人へ」とのテーマを緊急追加しました。

最初に発表したテーマ「日本企業に伝えたい中国人消費者の本音―中国で成功するために日系企業に必要なこと―」も有効です。

二つテーマに沿って、二本の作文を応募することも有効です。ぜひ奮ってご応募ください。

 

[応募資格]

日本留学経験のない中国人学生

留学経験は、6ヵ月以上の日本滞在とします。

学生は、中・高・大学生及び大学院生、日本語学校生など学生の方全てを含みます。

○今回より社会人の部は無くなりました。

 

[受付期間]

201159日(月)から受付。締切は5月31(火)必着

 

[体裁]

字数:横書き、全角(漢数字)15001600(厳守、スペースを含めない)

形式:デジタルデータMicrosoft Windowsで閲覧できるWordその他のデジタルデータ)

 

[応募方法]

下記のメール送付先まで、添付ファイルで①応募票と②作文をお送り下さい。

メール件名は「第七回中国人の日本語作文コンクール応募」と記入してください。

 

① 応募票

作文の最初に以下の【基本情報・連絡先・その他】を必ず記載してください。

(作文の字数には含みません)

【基本情報】

.氏名(漢字・日本語フォントで記入)/2.氏名(ふりがな)/3.氏名(中国語)/

.生年月日/5.性別/6.学生の部もしくは社会人の部(どちらか選択)/

.学校名(勤務先)名称/8.略歴

【連絡先】

.住所・郵便番号/2.電話番号・携帯電話番号/3.FAX番号/4.メールアドレス

【その他】

.指導教官名・メールアドレス(学校単位でご応募下さる場合は、必ずご記入下さい。園丁賞受賞に必要となってまいります)

.受賞通知の送付先(上記と異なる場合)

.作文コンクールをどこで知ったか

② 作文

作文のタイトルは自由につけてください。

字数は本文のみを計算(スペースを含めない)、タイトル・名前等は含めません。

 

[作文の送付先]

E-mail:info@duan.jp  担当:第七回受付係

主催者の連絡先 東京都豊島区西池袋3-17-15 日本僑報社内 日中交流研究所

 

[審査方法]

審査は、「語彙・文章=50点」、「内容=50点」を基準とした点数制とします。第一次審査にて日本僑報社の日本人編集者が入賞作文を選定し、さらにこの入賞作文の中から、最終審査委員が各受賞作を決定します。詳しくは第6回開催報告をご参照ください。

 

[]

最優秀賞1人(賞状+日本に一週間招待)

一等賞 5人(賞状+5万円相当の賞品)

二等賞15人(賞状+3万円相当の賞品)

三等賞40人(賞状+1万円相当の賞品)

佳作賞50人(賞状+2千円相当の賞品)

※佳作賞受賞者の名前も受賞作品集に収録します。※協賛により賞品が変更されることがあります。

園丁賞

作文応募数の多い日本語学部(学科)を「園丁賞」として顕彰

学生の日本語力を育てた功績をたたえ、賞状と記念品を贈呈いたします。

2007年から受賞校に10万円相当の賞品を贈呈、過去の「園丁賞」受賞名簿はこちら

「園丁賞」受賞校の代表は、表彰式に御出席頂き、その都度賞状と賞品を授与します。

 

[結果発表]

応募者にメールでお知らせすると共にメールマガジン日語作文月報と「日本僑報電子週刊」、ブログ「段躍中日報」にて発表します。

同時に、日中両国のマスコミにも発信します。これまで、朝日新聞や人民日報など多くのメディアに取り上げられました。特に人民日報社人民網には特集ページが設けられ、募集案内や審査の経過だけでなく、受賞作品と著者の名前、二等賞以上の作文全文、最優秀賞受賞者や表彰式の写真などを掲載していただきました。 

 

人民網特集頁

第一回中国人の日本語作文コンクール特集

第二回中国人の日本語作文コンクール特集

第三回中国人の日本語作文コンクール特集

第四回中国人の日本語作文コンクール特集

第五回中国人の日本語作文コンクール特集

第六回中国人の日本語作文コンクール特集(準備中)

 

○他に掲載された記事については、ミニブログ関連報道一覧と「段躍中日報」をご高覧ください。

 

[注意点]

応募作品は返却しないこと、受賞作品の著作権は日本僑報社・日中交流研究所に帰属することをご了承ください。

募集条件(文字数、応募期間、送付方法など)に合致しない論文は審査対象外になることがあります。

 

[主 催]

日中交流研究所

(所長:段躍中・日本僑報社編集長)

 

[協賛]

株式会社ドン・キホーテ

 

[後援]

在中国日本大使館、人民日報社人民網

(財)日中友好会館、日中文化交流協会、日中友好議員連盟、(社)日中友好協会、

(社)日中協会、日本国際貿易促進協会、日中経済協会、中国中日関係史学会

中国日本友好協会、(財)霞山会、(財)経済広報センター2010年実績)

 

[協力]

日中文化交流センター

北京BP投資コンサルティング有限公司

中国留学生交流支援立志会、(財)日本中国国際教育交流協会、

中国日語教学研究会、世研伝媒

NPO法人日中交流支援機構、日本湖南人会

以上2010年実績)

 

★★★★★

第一回受賞作品集『日中友好への提言』

第二回受賞作品集『壁を取り除きたい』

第三回受賞作品集『国という枠を越えて』

第四回受賞作品集『私の知っている日本人』

第五回受賞作品集『中国への日本人の貢献』

第六回受賞作品集『メイドインジャパンと中国人の生活』

 

 

(第二回受賞作品集は朝日新聞書評委員より高い評価を受け、「今年の3点」に掲載)

日中友好への提言2005壁を取り除きたい国という枠を越えて 私の知っている日本人

日本語作文コンクール総合ページ

 http://duan.jp/jp/

2011.03.18現在